TOEIC・TOEFL特化型専門校AREは、東京 新宿駅から中央線・総武線で4分。東中野駅前の学校です【TOEFLコース生徒さんインタビュー】

ロゴヘッダ
ブランク 給付金TOEIC・TOEFLコース AREはこんな学校です 代々木校地図
ホームへ
初めての方へ
AREはこんな学校ですTOEICとは
講座概略
TOEIC講座 平日夜間・土曜コース ARE
TOEICの学校ARE 平日午前・昼間のTOEIC対策講座
TOEFL(R)Test系
厚生労働省指定教育訓練給付金 TOEFLコース&TOEICコース
代表的なコース例&受講料
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
実績
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
卒業生の声
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
ご受講生インタビュー
TOEFLクラス受講生インタビュー
TOEICクラス受講生インタビュー
入校までの流れ
私が最終的にAREに決めた理由
初授業感想メール
スコアーアップ報告メールご紹介
Evaluationアンケート結果発表
TOEIC講座スペシャルサイト

長本吉斉のプロフィール
リンク
アクセスマップ
ホームへ
トップページ  バックナンバー一覧 ≫ TOEFコース田代さんインタビュー

TOEFL系 田代さんに突撃インタビュー!

初めはTOEICコースに入学した田代さん。TOEICで高得点をとった後にTOEFLコースに再度通学し始めた田代さんにお話を伺いました。



インタビュアー:(以下省略)
初めにこのインタビューを読んでいる方に、田代さんの自己紹介を簡単にお願いします。

田代さん:(以下省略)
大学を卒業しまして、今は税理士の資格を取るために専門学校に通っています。


大学卒業して、就職という選択肢もあったと思うのですが、それはあまり考えなかったのですか?

うーん、考えるには考えましたが、ただ資格の方が大学在学中にある程度目処がたったので、就職活動をするよりは、まずは資格を取ってしまおう、と思いまして。

なるほど。ところで英語を勉強しようというきっかけは、もともとどういうところからですか?

そうですね。中学とか高校くらいから、英語は絶対だなとは思っていました。分野とか職種に限らず、英語を使って仕事をしている人ってすごく自信をもって、生き生きとしているなと思っていたんですよ。それをみて、自分もそうなりたいなと昔から思っていました。ただ、どうしても学校で習う英語が仕事など実践の場につながるかというと、かなりギャップがあったんで、やはり学校だけではなくて、こういう専門のところで勉強した方がいいのかなと思いまして。

photo_interview_toefl_05.jpg

税務関係と英語っていうことは、国際税務関係に興味があるんですか? ?

そうなんですよ。それで、英語の力と、税理士の専門的な力を両方とも生かした仕事ができればと。やっぱり専門的な知識と、英語力を融合させて、その土台の上に自分のキャリアを築いていけたらなと思っています。

英語が使えればお仕事の幅も広がりますからね。田代さんは初め TOEIC のコースで入校されて、 TOEIC を卒業後、今は TOEFL コースで勉強されていますよね。それにはどのような背景はあるんですか?

TOEIC である程度結果が出たのと、後々留学もしたいと考えているので、今回 TOEFL にしました。

ある程度の結果というと?

800 点代です。

photo_interview_toefl_06.jpg

田代さんのように、初めは TOEIC コースに入校して英語力を高めて、そこから TOEFL に行く方は意外と多いんですよ。とりあえず日本で英語力を証明するためには TOEFL より TOEIC だから、今すぐに留学するわけではないけど将来的には考えていて - ―っていう人。ところで、留学する目的は?日本だけではなく、世界で通じるような資格を目指しているんですか?

そうですねー。資格というより、野心といいますか ( 笑 ) 留学して自分の価値を高めたいなと思いまして。それで、正規留学にはやはり TOEFL は不可欠なので。だから、ある程度まとまった時間があるうちに、 TOEFL の対策をしてしまおうと思いまして。

英語を勉強するということで、 ARE を選んだきっかけはなんだったんですか?過去に英会話スクールとかは通われたことはあります?

ないですね。英会話は、意味があるのかな、なんて疑問もあるんで。

学生の方にしては珍しいですね。結構、英会話の方がとっつきやすいから、そっちに先に行く人も多いですよね。

こんなに学校教育で何年も勉強して話せないのに、英会話に言ったところで話せるようになるとも思わないんですよね。英会話って、元々インプットがないと難しいじゃないですか。ボキャブラリーとか文法とかを理解していないと、どうしても深い考えを相手に表現することは無理だと思うので、そう考えると文法とか単語とかを専門的にやってからじゃないと意味がないのかなと思ったんですよ。かといって、相手の言っていることを聞き取れないと意味がないですけど、 ARE にはリスニングの授業もあるじゃないですか。そこでディクテーションとかもするし、総合的な英語力がつきますよね。

photo_interview_toefl_07.jpg

ところでどうして ARE に入校することにしたんですか?

学校に入る前の説明を聞きに来た時に、営業営業していないし、すごくいいなとおもったんですよ。それでも最初の授業始まるまでは少し不安でしたね。でも、授業を受けてみて、まさにこういう勉強をしたかったというものだったので、これは意味があるな、と思っています。

どういうところでそう感じます?

そうですね。解説が充実していますね。ただ問題を解いて答え合わせしてっていうわけじゃなくて、どんどん当てられるし考えさせられるし、独学では絶対気づかなかっただろうなって思うことがたくさんあります。思っていた以上に自主性が求められますね。

普段はどのように勉強されていますか?

ARE の復習をメインにして、あとは、 ARE の担当の先生に進められた勉強法を実践しています。英字新聞を読むとか、英語の百科事典を読んでみるとか、そんなかんじです。

では最後に、 ARE に入るかどうか検討している方にメッセージをお願いします。

そうですね。自分も入る前は不安でした。やっぱり新しい環境に入るということは気後れする部分もありますよね。でも、将来英語を使って仕事をしたい、活躍したいという考えがあるのでしたら、一日でも早く行動を起こすべきだと思いますね。一日行動が遅れれば、一日目標は遠のきますからね。あと、参考書とかを自分でやっても長続きしない人とか、やる気はあるんだけどどういう勉強をしていいのかわからないという人に特にお勧めです。 ARE の授業と、講師のアドバイスを信じてやっていけば必ず結果は出ますね。それと、継続して学習していくことは重要ですね。少しかじって全然結果が出ないというのは当然で、やっぱり続けていかなければならないですからね。そういう意味でも、周りはモチベーション高い人ばかりなので、かなり良い刺激を受けられると思います。

ありがとうございました。これからも期待しています。

photo_interview_toefl_08.jpg


トップページ ≫ バックナンバー一覧 ≫ TOEFコース田代さんインタビュー


TOEIC and TOEFL are the registered trademarks of Educational Testing Service (ETS).
Copyright 2008 All Round English Inc. All rights reserved.