TOEIC特化型専門校AREは、JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。【TOEICコース生徒さんインタビュー】

TOEIC塾AREのHOMETOEICスクールAREのHOME
ブランク 給付金TOEIC・TOEFLコース AREはこんな学校です 中野校地図
ホームへ
初めての方へ
AREはこんな学校ですTOEICとは
講座概略
TOEIC講座 平日夜間・土曜コース ARE
TOEICの学校ARE 平日午前・昼間のTOEIC対策講座
TOEFL(R)Test系
厚生労働省指定教育訓練給付金 TOEFLコース&TOEICコース
代表的なコース例&受講料
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
実績
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
卒業生の声
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
ご受講生インタビュー
TOEFLクラス受講生インタビュー
TOEICクラス受講生インタビュー
入校までの流れ
私が最終的にAREに決めた理由
初授業感想メール
スコアーアップ報告メールご紹介
Evaluationアンケート結果発表
TOEIC講座スペシャルサイト

長本吉斉のプロフィール
リンク
アクセスマップ
ホームへ
TOEICスクールAREのHOME ≫ バックナンバー一覧 ≫TOEICコース加藤さんインタビュー

加藤さんがご受講されたTOEIC講座の概略はこちら。

TOEIC 605点から825点にUP!
TOEIC系
 加藤さんに突撃インタビュー!
理系の男性が多い社会の中で地道に我が道を進んでいる加藤さんの笑顔の中の強さを見てください。 *現在、加藤さんは、すでにTOEIC890点を達成されています。


--- インタビュアー:(以下省略)
今日はどうもありがとうございます。あまり緊張されないでください。
お話感覚で大丈夫ですので。


加藤さん:(以下省略)
はい、最初にこちらに来た時の感覚で行かせていただこうと思います。

    
      

--- そうでしたよね。あの時、いろいろとお話して、ね。

そうですね。
なんだか初めてこちらに来た時は、色々とお話してしまいました。


--- はい、今日もあの時のノリでいきましょう。

はい。

--- ところで、加藤さんて理系ですよね。

はい。

--- なんか、私のイメージでは、理系イコール男性みたいなのがありまして。

はい、仰る通りなんです。
ただ、その理系の中でも私は一番女の人が行きやすい建築だったので。

--- 大学もその系統ですよね。結構受験勉強はしましたか?

はい。早稲田の建築なんですけど、一浪してます。どうしても行きたくて。女性は 1割くらいしかいなかったんですけど(笑)。建築を元々やりたいなっていうのがありまして。

--- 旦那様も建築方面の方なんですよね。

はい、まあ旦那のほうは「建設」なんですけどね、正確に言うと。
建設は、またちょっと規模が大きくなるんですよ。土木とかみたいに、広くなっちゃうんですよ。私自身は、もう中学の頃から建築に興味があって。


          

--- そうですか。一浪したという方が当校には多いんですけど、英語も科目に入っていましたか?

はい、思いっきり入っていました。英語はいつも私の足を引っ張ってくれた科目で。

--- そうですか。ただ、 AREに入られた時はTOEICは605点でしたよね。

そうですね。

--- で、リスニングは 345点で、わりとリスニングはできていましたよね。

はい、なんか場当たり的にやっていたというか。。。

--- 受験英語は役立ちましたか?

いやあ、それはなんとも。。。多少は思い出せましたが。。。

          

--- なるほど。

ただもう英語にはずっと劣等感があって、追試をつけさせられたり。。。

--- え、加藤さんが。。。信じられません。

いえいえ、ほんとに。ただ、大学に入った頃に、たまたま友人の関係でイギリスにホームステイに行く機会があったんですね。ちょうどそこは、私の先輩がホームステイしたところで、そこに私は一人で行こうと思って、乗り込んだんですよ。ただ、恐ろしかったのは、、入国審査の時に、忘れもしない、英語が通じなくて!なんと 1時間くらいかかった。

--- なるほど。

それから私、アジアにすごく興味がありまして、いろんな国に行ったんですね。 それで、開発というものに目覚めていったと言うか、いろいろな国の発展を見ていて、面白いなって思ったんです。日本を離れた浮遊感みたいな、
世捨て人のようなバックパッカーの人たちといると、すごく楽しくて。
もうそこで「私は絶対に開発系で行くんだ」という意思を固めたというか。

--- あーなるほど、それで大学を卒業されて、今は勤められてもうどれくらいで。

もう 7年目に入りました。

--- 今はどんなところで働かれているんですか?

会社自体は道路とか作っているところなんですけど、私自身は、バリバリハードっていう訳ではなくて、たとえば、街づくり系とか、なんかいろいろな所で災害が起こったら、復興計画を立てるとか、なんかそういうソフト関係のことをしてきています。


          

--- 英語は使いますか? たしか国際関係とか。

はい、使っています。
もう入社した時から「海外、海外」と言い続けていまして(笑)。


--- それでとりあえず国際部門には入れたと。

そうですね、やっと願いが実って、4年目くらいから英語を使う部門に入れてもらえました。

--- どんな感じで英語は使っていますか?

そうですね、現地に行くことがあれば、レポートは全て英語で出すとか。ただ、日常的には、やっぱりメールが多いかなあ。送られてくるものがみんな英語ですから。

--- なるほど。ということは、リーディングは必須ですね。

そうなんです。

--- 最初こちらに入校された時は、なんか読解がいまいちでー、みたいなお話をされてましたよね。

そうなんですよ!私の仕事場では、かなりアルバイトの人たちが多いんですけど、自分は社員なのに、バイトの人たちの中にすごく英語ができる人がかなりいて、もう焦っちゃって。自分がさんざん英語を使いたいって言っていたのに、実際周りには、 TOEICで900以上がわんさかいて、もう参りました。
会社から見れば、「加藤は大きなこと言っていた割には」みたいな。


          

--- つらいですね。ただ、以前に英会話学校には行かれていたんですよね?

はい。ただ、なんとなく終わってしまったというか。
場当たり的に話す力は学生の時にあちこち海外に行っていたので、あったんですけど、英会話学校は、まあそれをキープするくらいだったかなあと。
自分がやっぱりつけなきゃいけないのは、きちんとした、というのかな、英語力をつけないなと思ったんですよね。


--- 英会話学校と AREを比較してみてどうですか?

そうですね。ま、まずはやっぱり扱っているものが違うというのは、もちろんありますね。求めてるものが違うのはありますよね。 AREの場合は、すごく基礎力をつけてくれるというのがありますね。

--- TOEICについてはどうですか?

そうですね、私は TOEICのスコアーは、あくまでも英語力をつける上での指標というか、そういうものだったので、究極の目的はやっぱり英語力でしたね。広い意味での英語の土台を作りたかったというのがあります。特に文法がダメでしたから。


--- あー。

あまりにも文法に関しては無知でした。

--- うちを知ったのも、確か文法の本だったと。。。

そうですね。長本先生のあの本は、 TOEICの文法本としてももちろんいいですけど、基礎文法という感じで、すごくよかったです。あの量がすごいし(笑)。それで、この学校なら、と思って。


--- どうですか、当校の授業を受けてみた感想は。

そうですね、いろいろありますが、やっぱり第一は英語って勘でやるもんだじゃないんだなと悟ったと言うか(笑)。授業がとりあえず理由を言うというスタイルですからね。で、自分で説明すると、やっぱり曖昧なところが自分でもわかって、そこがまずは一番すごいなと思いました。


          

--- なるほど。

すごい恥ずかしい思いも何度かしましたが。

--- ハハハ。

あとは、仕事場からAREまで電車で15分ぐらいだっので、通いやすかったこともあります。


--- そうですか。で、今は、TOEIC825点になったんですよね。

はい、おかげさまで。

--- どんな感じで伸ばしてきました。

私はいろんなことをあんまりしていなくて、とにかくまずはこちらでやっていただく授業を録音して、何度も聞いて、いただく毎回のプリントを何度もやるという感じですね。


          

--- 勉強時間は、一日どれくらい取りましたか?

そうですね、電車の中とか、あんまり質はよくないですけど、ある程度はやってましたから、電車の中と、あとは別に1時間くらいですね。

--- ちゃんと復習できましたか?

正直、前と、その前の週の分で精一杯でした(笑)。

--- そうですか。

いろいろやらないといけないのはわかっているんですけど、とにかく忙しいので毎週、「最低限これだけは復習するぞ」と決めてやってます。

--- 入られた当初の感想はどうでしたか?

そうですね、こんなに土曜日なのに頑張っている人たちが世の中にはいるんだって、驚きでした(笑)。モチベーションが高いなあって。なんか先生への質問にも挑んでるって感じですごいなって思いました。やっぱり先生がその場で、バンバン答えてくれるっていうのが、当たり前なんですけどすごいなって思いました。


--- 結構、竹のクラスにいたのが長かったんですよね。

はい。半年くらいはいて、なかなか「上に上がっていい。」とは言われませんでしたね(笑)。


          

--- 復習チェックテストとかはできましたか?

いやあなかなか(笑)。
ただやっぱり文法力が、私の場合は一番ついたかなと思います。


--- リーディングのほうはどうですか?

そうですね、一番変わったのは、きちんと読むようになったってことですね。
ここに通うまでは、なんでもなんとなく読んでいたんですけど、やっぱり授業を受けると、いかに読めていないかを痛感するというか。


--- TOEICはどれくらい受けているんですか?

だいたい3回に1回は受けています。

--- 600点台の時と今の825点の今と比べてどうですか?

そうですね、一番感じるのは、ボキャブが増えたというのもあるし、より読めるようになった自分を感じます。ただ、やっぱりまだまだなあと思いますね。忘れているのが多いので、これからもっと復習しないとなんですけど(笑)。

          

--- ボキャブラリーのクラスも取られていたんですよね。

はい。取らせていただきました。かなりつきましたね。
単語集を自分でやるなんて、とても私には無理だなと思っていたので。


--- ところで確か加藤さんは、770点までいった後に一度卒業されましたよね。それでまた戻ってこられましたよね。

はいはい。

--- 再度当校にカンバックされたというのは? いろいろな学校がありますよね。

私は、 AREさんしか考えていなかったですね。やっぱりそこまで自分がいったのは、AREさんに来てできたことっていうのがあったんで、もっと先を目指すならやっぱり同じところで、と思ったんで。

--- 今後の目標は?TOEIC 900点ですか?

そ〜〜ですねえ、やっぱり目指すはそこになりますかねえ。

--- 最後に AREに入ることを検討されている方に何かメッセージがありましたら、よろしくお願いします。

そうですね、この学校は、切羽詰っている人向きだと思います。
その要求に十分に答えてもらえるかなと思います。


          

--- 今日はありがとうございました。これからも頑張ってください。---

はい、引き続き頑張ります。

*現在、加藤さんは、すでにTOEIC890点を達成されています。


 今までのバックナンバーを見てみる。

 加藤さんが受講されたTOEICコースの講座概略を見てみる。

 TOEICコース受講料一例を見てみる。

 教育訓練給付金コースについては、こちら

 給付金TOEICコースについてはこちら。

 入校までの流れはこちら。

TOEICスクールAREのHOME ≫ バックナンバー一覧 ≫TOEICコース加藤さんインタビュー



TOEIC and TOEFL are the registered trademarks of Educational Testing Service (ETS).
Copyright 2008 All Round English Inc. All rights reserved.