TOEIC・TOEFL特化型専門校AREは、JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。【講座概略:TOEIC】

TOEIC・TOEFL特化型専門校 ARETOEIC特化した専門校ならARE!新宿駅南口より徒歩5分にあるTOEIC受験対策、専門の学校です。
ブランク TOEIC他、給付金対象コース TOEIC特化型専門スクールAREはこんな学校です アクセスマップ
ホームへ
初めての方へ
AREはこんな学校です。
TOEICとは
講座概略
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
厚生労働省指定 教育訓練給付金 TOEFLコース&TOEICコース
代表的なコース例&受講料
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
実績
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
卒業生の声
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
ご受講生インタビュー
TOEFLクラス受講生インタビュー
TOEICクラス受講生インタビュー
入校までの流れ
私が最終的にAREに決めた理由
初授業感想メール
スコアーアップ報告メールご紹介
Evaluationアンケート結果発表
http://are-school.co.jp/wordpress/
長本吉斉プロフィール
リンク
アクセスマップ
ホームへ
 
TOEIC専門スクールのAREホーム ≫ TOEICクラスの講座概略

TOEIC対策クラスの講座概略


■目標
当校の TOEIC講座は、単にスコアーだけがアップすればいい、ということではなく、英語の基礎力に関わる力をつけていただくのが、最終目標です。当校での大幅なスコアーアップはもちろんですが、当校を卒業した後に、今度は自分でしっかり自己学習していけるだけの英語学習の基盤をつけていただくことも目標としています。

当校のTOEICクラスの特徴

1.
 将来的な自分の英語力について危機感を持っている方が大半
  「会社から言われている」、「転職を考えていたら、TOEIC
   で〜〜点は必要とわかった」、「就活でどうしてもTOEICの
   スコアーが必要になった」など、危機意識の高い方がほとん
   どです。反面、趣味でTOEICをやろうとか、とりあえず
   TOEICをやってみたい、という方にはこの講座は不向きです。



2. 英語から離れていた人が大半
   英語から離れて、はや〜年という人が大勢います。
   昔は多少得意だったという人から、昔から英語は嫌いだった人
   までいろいろです。共通するのは、ここ数年はまともに英語に
   接していなかったということ。



3. TOEICの受講講座は、土曜日の集中型もOK、平日夜間
  との
ミックスもOK!
  
*平日昼間部の授業はございません。
   平日忙しい人は、土曜日に集中してたくさん講座を取ることも
   できます。平日だけがいい人、平日と土曜のミックスがいい人は
   それも可能です。


4. 予習なしで時間を意識した実践型の授業形式

   その場で考えて、その場で解く。AREの伝統です。
   この方式により、常にTOEIC試験本番を意識することを日常的に
   体験していただき、高得点獲得に努めます。
   但し、解説はじっくり型。質問も自由。
   さらに自宅でわからなくなったら、メールで講師に直接質問でき
   ます。
   反面、「私は、あらかじめ教材を渡されて、十分に辞書を引いた
   りして授業中に指されてもいいようにしていきたい」という方や
   「問題はマイペースでじっくり解いていきたい」という方には不
  
向きです。

TOEIC対策講座の4科目の特徴
 科目は全部で4つあります。
 @TOEICグラマー     ATOEICリスニング  
 BTOEICリーディング   Cボキャブラリー増強   
  

 全て単科制になっています。
  (給付金コースはセットになっています。)
 *将来的にTOEICにライティングとスピーキングが、
 「受験必須科目として」加わった時点で、この2つの対策クラスも
  設置する予定です。


★TOEICグラマー
 このコースの大きく二つの側面があります。

 まず、大きな基盤として、中学〜高校時代の基礎文法項目、構文を
 徹底して理解していただくこと。大半の人は、こんなことも、
 あんなことも忘れてしまっています。
 時制、品詞、受動態、名詞、代名詞、不定詞、動名詞構文、前置詞
 冠詞、関係詞、等々、様々な重要項目をゆっくり丁寧に進み、基礎
 理解、思い出しを徹底します。AREは、特に20歳を過ぎた方が、最
 効率で、しかも、深く理解できるよう、万全の態勢を組んで、他校
 を圧倒する内容で基礎固めを行います。
 上記の項目の多くは、機械的な授業を受けて、講師の一方的な解説
 を延々と聞いていれば理解できるというわけではなくそれを担当す
  る講師の力量が最も受講者の理解度に影響します。多くの人が英語
 嫌いになってしまう根本は、中学時代の英語初期の文法授業のつま
 らなさに起因しています。ここに大きなメスを入れます。

  もう一つの側面は、最新のTOEIC事情にぴったり寄り添った実践的
 な内容であるということです。TOEICは、基礎的な部分を試してく
 ると共に、ビジネスシーンで使われる語句の使われ方も多様にテス
 トしてきます。
たまに出題される重箱の隅をつつくような設問も含
 め、今、TOEICがどのように変わってきているのか、どんな出題形
  式で出してくるのか、それらを徹底伝授します。

 文法をバカにしてはいけません。
 文法がわからないから、読めないのです。
 そもそも文の構造がわからない人が、世の中には大勢います。
 また、文法がわからなければ、リスニングのスクリプトを見ても、
 
依然として理解できない場面が出てきます。そこをしっかりと学ん
 でいただくのが、AREの文法講座です。



★TOEICリーディング
  TOEICのリーディングで最重要なことは、以下の3つです。

  @真の意味で良質な教材をこなすこと。

   これは、素人判断は難しく、TOEICを徹底研究していないと
   見抜けません。

  A速読を意識させてもらえるクラスであること

  Bどのように読めば最速で読めるようになるのかを教えてくれる
   講師であること
  
当校のクラスでは、「簡単に読めるようになりますからね。」
   などと講師が言うことはまず、ありません。甘くない世界だから
   です。
   多くの人が、速読ができません。
   ボキャブ不足、意識が追い付かない、等々の理由がありますが、
   最大の理由は、「大人には誰も厳しく言ってくれない」からです

   あなたは、そもそも仕事以外の本を日本語で書かれた本を、
   一か月に何冊読むでしょうか? しかも、TOEICは英語です。
   他の言語で読むとは、そんなに甘いものではありません。

   どこで勘違いしてしまうのか、単純なボキャブをどうして忘れて
   しまっていたのか、あーしまった!の連続で、人は成長していく
   のです。

   リーディング授業では、TOEIC側が何を求めているのかを講師が
   繰り返し伝授します。相手が何を求めているのがわからないまま
   がむしゃらに読んでも、あっという間にTime is up!です。
   TOEICのリーディング内容は、刻々と変化しています。
   しかし、その中には、「変わる鉄則」と「変わらぬ鉄則」があり
   ます。
   大事なのは、「今、これが旬の問題です」などと、豪語する授業
   ではなく、どのように読み物が変化しても対応できる読解力を付
   けておくことです。
   英文を読むとは、どういうことなのか。
   ゆっくりだけど、だんだん辞書なしで読めるようになってくる。
   それがAREの授業です。
   そうなると、毎回の試験において、最後のPart 7が待ち遠しくな
   ります。
読解力を付けるには、もちろん時間がかかります。
   が、じわじわと読めるようになってくる快感を味わえたら占めた
   もの。そこまで、頑張る意思のある方には、このクラスはおすす
   めです。


★TOEICリスニング 
  このクラスの特徴は以下の4つです。

  @授業内での、ひたすら大量リスニングの否定

  A英語の音の特徴、英語特有な表現の徹底理解

  BTOEICの各パートの特徴の深堀理解

  Cアウトプット重視

  たくさんのリスニングを授業の中で浴びせられるように聞いたら、
 リスニングができるようになるのか。ネイティブさんの授業を受け
 れば、リスニングが自然にできるようになるのか。
 全て幻想です。リスニングには、過去にどれだけ英語の音に触れて
 きたかが、重要なできるfactorではありますが、だからと言って、
 それを授業でやるのは、非効率です。

  AREの授業では、徹底して音の分析と表現知識の蓄積を行います。
  そして、抜き打ちで行われるディクテーション。
  自分はどこが聴き取れないのかを把握していただきます。
  (米・英・豪の発音の聞き分けなども行います

  英語は子音で終わる言語、対して、日本語は母音で終わる少数派の
 言語です。この違いをわからないままに、いつまでも母音を意識し
 た聞き方、話し方をしていると永遠にリスニング力はつきません。

  加えて、英語には様々な表現方法があり、それは時にイディオムと
 言われ、特にそれは、まさに「そう言うもの」として、そのまま覚
 える必要があるものです。リスニングにおいて大事なのは、
 「これ、きいたことある」という引き出しを効率よく増やしていく
  こと。その過程で、講師のわかりやすい説明がなされることです。
 TOEICには、TOEICなりのこだわりがあり、
 それは他のテストでは重視されていないものだったります。

  そして、リスニングで高得点を取るためには、なんといっても
  各パートごとの特徴を理解しておくことです。
  これには、担当講師の深い洞察伝授が必要になります。
  ほんの一例をあげれば、近年は、特に東アジアの固有名詞が出る
  傾向が強くなっているとか、否定的な回答が少ないが、
  I'm not sureあたりまでは許されている、など。その辺の細かい
  ところまで、徹底して伝授するのがAREの特徴です。

  なるほどリスニングは、難しい。聞いても聞いても上がらない。
  それには何かその人の学習方法に問題があるはずです。
  最大の悲劇は、真正面から言ってくれる人がいないこと。
  耳に入ってくるのは、聞き心地のよい「あっという間にあなたも
  聞けるようになります」的な宣伝ばかり。
  AREのリスニング授業は、異空間です。
  あなたも最低半年、できれば1年間、頑張ってみませんか。
  聞けるようになっている自分を感じられるようになります。

★ボキャブラリー増強
  このクラスは、実践的な語彙力のない方を対象にしています。
  TOEICで試される重要な単語の中でも特に頻出する単語に絞り、
  生涯使える英語力の土台を作ります。英単語→日本語訳で覚える
  のではなく、同義語や反意語、派生語を分野別に群で覚え、また
  文脈で類推して考える癖をつけて、効率よくボキャブラリーを
  増やしていきます。 TOEICで800点以上を目標としている方は、
  3000語以上を覚えるつもりで語彙を増やしていきましょう。



TOEIC通常コースの料金一例はこちら


厚生労働省指定教育訓練給付金制度についてはこちら  

練給付TOEICコースの料金一例についてはこちら
 



 ■御入校いただくに際して


   当校は基本的に日本人を対象とした同じバックグラウンドを持っている
   方のための学校です。よって、小学校から高校までを海外で過ごした
   方や、帰国子女系の方はご入校いただけません。また、日本人の方で
   あっても、高校中退の方や同程度のレベルの方は、ご入校いただけま
   せん。その点、ご了承下さい。
   また、尊大な言い方に聞こえるかもしれませんが、当校は、誰にでも
   通っていただける学校ではございません。
   「お金になるなら誰でもOK」という学校とは一線を画しております。

   さらに当校では元々かなり英語ができる方を集めて高得点を取らせ、
   それを「実績」として発表することを良しとしておりません。

   さらに、なるべく同じバックグラウンドを持つ人たちを生徒さんとして
   お迎えし、全ての校内生の方が安心して授業を受け、またお友達を
   作れる環境をき提供していたいと思っています。

   以上、ご納得の上、お問合せ下さい。





TOEIC専門スクールのAREホーム ≫ 講座概略 TOEICRTest系


TOEIC®Test and TOEFL®Test are the registered trademarks of Educational Testing Service (ETS).
Copyright 2008 All Round English Inc. All rights reserved.