TOEIC・TOEFLTOEIC特化型専門校AREは、JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。【AREに決めた理由】

TOEIC・TOEFL特化型専門校 ARETOEIC・TOEFL特化型専門校AREは、新宿南口より徒歩5分(渋谷区代々木)にある受験対策専門の学校です。"
ブランク 給付金対象コース AREはこんな学校です アクセスマップ
ホームへ
初めての方へ
AREはこんな学校です。
TOEICとは
講座概略
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
厚生労働省指定 教育訓練給付金 TOEFLコース&TOEICコース
代表的なコース例&受講料
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
実績
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
卒業生の声
TOEFL(R)Test系
TOEIC(R)Test系
ご受講生インタビュー
TOEFLクラス受講生インタビュー
TOEICクラス受講生インタビュー
入校までの流れ
私が最終的にAREに決めた理由
初授業感想メール
スコアーアップ報告メールご紹介
Evaluationアンケート結果発表
TOEIC講座スペシャルサイト
http://are-school.co.jp/wordpress/

長本吉斉プロフィール
リンク
アクセスマップ
ホームへ
 
TOEFL・TOEIC対策専門スクールAREのHOME ≫ 私がAREに入ることを決めた理由

私がAREに入ることを決めた理由

以下は、当校に入っていただいた方からの生の声です。プライバシー保護のため、氏名等は、伏せさせていただいております。当校には、それぞれの方がそれぞれの理由で、TOEFLやTOEIC対策、また基礎英語力アップのために通われています。 当校への入校を考えられている方は、参考になさってください。

お世話になっております。〇〇です。

本校を選ばせていただいた理由は、以下の通りです。

まず、比較的自宅の近くにありました。中野は便利ですね。

他校も見たのですが、他校は詰め込み教育で、ノルマが厳しそう

と感じました。ある程度、自分のペースで無理なく通いたかったので

AREさんにしました。一クラスの人数が、多すぎず少なすぎず

というのがよかったです。参加している感がほしかったので。


AREへの入校は、2度目となります。10年振りの入学を決断しました。
久々感、満載の再入学です。
再入学決断の理由を、書かせていただきます。

  1. 過去の成功体験、夢よ、もう一度!
    10年前、TOEIC550のスコアが、1年程度でTOEIC820まで伸びました。
    正直、そこまで伸びるとは思っていなかったので自分に、驚愕し、AREに感謝しました。(AREを信じておらず、申し訳ありませんでした。)
    今回は、さらに上を目指す理由が、プライベートで発生した為、迷うことなくAREへの再入校の決断をしました。

  2. 大人としての英語自力アップを求めて
    TOEIC学習が、節度ある大人としての英語自力に直結すると考えるようになった事も再入校の大きな要因です。
    以前は、TOEICスコアは、転職や昇給のための指標であり、実践的な英語力との結びつきは弱いように感じていました。
    しかしながら、TOEIC学習から離れ、様々な英語学習を経験してきましたが、大人が学ぶ英語としての正確性や節度感は感じられませんでした。恥ずかしくない英語とでも言えばいいのでしょうか。それを勉強したい。だったら、以前成功を導いてくれたARE、という判断になった次第です。

  3. 50-60代の方でも頑張っている!
    自分が50代ということもあり、他の受講生の方や講義の雰囲気は気になってました。スタッフの方からは、50-60代の方が頑張っていると聞いて、入っちゃいましたが、いざ講義の際は、やはり少し不安もありました。
    ただ、初回の授業で、それは吹き飛びましたね。老若男女を問わず、皆が頑張っていて、緊張感と和やかさがいい感じの空気が流れていて楽しめました。講師の皆さんの全体把握が素晴らしいからだと思います。
    おっさんも頑張れます!

再入校は、良かったなと思っています。
50代、TOEIC900点、取りたいです! よろしくお願いします!


*以下で言われている「前の塾」とは、どなたでも目にする学校です。

英語から離れて 10年以上。自分の人生で英語を学ぶことはない、と思っていた私が30過ぎてTOEFLの勉強をすることになりました。英語はとっくに忘れているので独学でやろうとは考えず、AREとは別のTOEFLの塾に通い始めました。でも、結局私はその塾に合わず、途中で辞めてしまいました。そこで、その前の塾と、今も私が通っているAREを比較してみたいと思います。入校を考えている方、ぜひご参考に!

★AREの授業について

レベル別に分けられたクラス。授業中に当てられる!

前の塾⇒
自分の好きなレベルのクラスが選べる→授業はTOEFL問題の教材が
配られて一定時間内で解いた後、先生の一方的な解説

ARE⇒
先生に言われた自分に合うレベルのクラスに入る→プリントである教材が配られて一定時間内で解いた後、一人ひとり当てられて先生が解説しながら進む授業

AREは授業中、一人ひとり当てられます。出来る人だけに焦点を当てて進んでいく授業ではありません。クラスも自分と同じレベルの人が集まっているので、他の生徒さんが発言していることや間違っていることは、自分にも大体当てはまります。

AREは自分がわからなかったら、授業中でもメールでも、いつでも先生に聞くことができます。先生に質問しにくい、なんてこともありません。何ヶ月か経って復習して、わからないことが出てきてもていねいに教えてくれます。

おまけ⇒初日から先生が生徒の名前を覚えている!

AREは、先生とも、他の生徒さんとも、距離的にも精神的にも近いです。だからと言って、ベタベタしている訳でもありませんが。教室に入ったら、みんな自然と「こんにちは」とあいさつをします。前の塾は、みんなツラそうな顔をしていて、誰かが質問なんてしようものならクラス全員が振り返るような雰囲気でした。



比較したのはAREと○○○です。TOEIC受験の上で、これ以外の学校は考えませんでした。 両校とも予約を取って下見に行きました。

AREが○○○に比べて良いと思った点は、大きくは以下の2点です。

(1)先生が当てる授業を行うこと。
  ○○○は80〜100人くらい入る教室(実際には半分程度の出席
  でしたが)なので一方通行の授業でした。
  各科目の前に小テストを行い、その解答説明を残りの時間で行    うのが基本のようですが、私にはもう少し刺激と考える機会が    必要だと思いました。

(2)日本人講師が全て説明すること。
  TOEIC受験対策に講師が外国人である方が良い理由が分かり
  ません。特に私の様にまだまだ得点が低い者にとっては、
  理解できるまで細かな質問ができる方が良いと思いました。

  その他、以下も考慮しました。
  ・クラスは自分で選ぶのではなく、講師の評価によって決まるも
   のであること。

  ・長本先生の著書がTOEIC黎明期より発売されていて、評価を
   受けていること。

  ・予習教材が無いこと。当初は無知だったので正直、楽をした
   くてこの理由を選びましたが、現在では毎週の復習に手一杯
   で、その 意味で助かります。

  ・○○○○の「3ヶ月で1通り終了」というのは無理があるので
    はないかと思ったこと。実際に聞いてみると受ける方はこの
   3ヶ月 1セットを何回か受ける人が多いとのことですし、1年
   位は同じ教材が出てくることは無いようです。

  ・だいぶ以前からちょくちょくと広告が出ていた(「当校は硬派
   と言われていますが実際には女性が多いです」といった内容
   だったと思います)ので、
古くからTOEIC専門でやってきてい    る実績があるのだなという認識を持っていたこと。

 こんな所でしょうか。
 ご参考になれば幸いです。

 


Toeic のスコアを伸ばしたいと思っていて、スコアが伸びないでいた時に、何年か前に見た ARE の広告を思い出しました。
今のパンフレットに出てる福島さんという方が出てた広告だったと記憶します。当時は「そっけないけど、ちゃらちゃらしてない真面目な学校なんだろうなぁ」と思ってました。( 余談ですが、 720 点とった後だったので、「だけど自分は学校なんて行かなくても独学で 800 点くらいとれる」とも思ってました )

いざ情報を取りたいと思って、名前が思い出せなかったのですが、インターネットで調べたら、すぐ出てきました。英会話をメインでやってるところには行こうとは思ってなかったので、専門校で探すとは数も少ないですし。

初回カウンセリングを受けて、やはり信用できる学校だと確信しました。強引な営業もやってないし、この学校にはやる気のある生徒しか集まってこないと思いました。
あとは土曜日一日時間を作るだけだったので、いつも遊んでいる釣り友達に「年内は勉強するから、釣りに行けないから、誘わないで」と言い、会社の上司には「土曜日は学校に通うことにしたので、どうしても自分でなければならない時、出なきゃ大きな損害が出る時以外は土曜日の出勤はしないので、了解してください」と伝えました。それから、入学を決めました。(長本さんの著書が有名であるとか知ったのは、入学した後です。)

結論は自分で広告とホームページ見て、実際に学校に行って、信用できると思ったからです。

(入学決めた後で釣り友達が ARE に通っていたという事がわかり、「どうだった」と聞いたところ「講師の評価も生徒にさせているし、講師はちゃんと勉強している。授業の内容は良かったと思う。」とコメントしてました。)



私は、中学〜大学までなんとなくでしか英語を学習していませんでした。
更に付属上がりの為、受験勉強もせず、英語をやっていませんでした。
しかしそれがとても嫌で、一度ちゃんと学習したかったのです。

で、何故AREかと言いますと。

1つには初めて行ったのが、AREでした(本当ですよー!)
他社を知らないで、AREに行って、カウンセリング受けて素直に
「ここがいい」
と思って、決めてしまいました。(すみません、単純で)

確かに授業費は他社に比べると高いのかもしれません。
どんなに安くても、通ってて「えっ?」思っているよりも、
自分の第六感が「いい」と思った学校の方が、金額は高くても、
納得できる。と思いました。

ただ1つ通うのに、思っていたのは。
日本人の先生に習いたかった。と言う点があります。

2年くらい前に一度、勤めている会社主催の英会話を受講したことがありました。
その授業の中で外国人講師に文法を教えてもらっても、
全然理解できませんでした。
分からないと言っても、先生には「感覚」と言われたりし、
自分はあまり理屈をこねるタイプでは、ありませんが、
習うならやはり日本人の先生に教えてもらいたいな。と思っていました。

とても感覚的で単純な理由ですが、これが私がAREに決めた理由だと思います。

ちょっぴり恥ずかしいです(笑)

それでは!



私がAREに決めた理由ですが、6月終わり頃に勤め先から留学のための休職の許可が出、それから専らインターネットで学校選びを開始したのですが、私の中でいくつかポイントを絞って調べました。

まずは、いわゆる英会話学校ではなく、TOFELに専門の学校にと考えました。 それは、とにかくTOFELの点数を上げることが目的だったからです。

それで、AREのウェブページにたどり着いたのですが、すごく厳しそうなのと、日本人の講師であるということが、とても良いと思いました。
私は性格的に自分に甘いので、厳しい環境に置いたほうが良いだろうということと、会話ではないので、わからないことを母語で教えてもらったほうが良いと思いました。

お話を伺いに行った時、授業の内容にすごく興味があったのですが、教材を見せていただいたり、授業の進め方を教えていただき、是非ここでがんばりたいと 思いました。

授業料のことは正直あまり考えませんでした。
留学費用はとてもラッキーなことに職場が出してくれることになっているので、準備くらいは自己負担で、お金に糸目をつけずに、後悔しないようにしようと考えました。

でも、今は、そのコストパフォーマンスに大変満足してます。

また、TOEFLのその場しのぎだけでない英語の教授にも大変感謝しています。 先生の英語の勉強に対する姿勢も学べて大変良かったなと思ってます。 先生の話を聞いていると、自分の本気度はまだまだ甘いと感じます。
先生にカウンセラーみたいなことも要求してしまって大変申し訳ないのですが、今後とも是非、いかに私が甘いかということを知らしめ、私のモチベーションを引っ張って行っていただけたらと思います。

今は、働きながら、そして短期間にTOEFLのスコアをあげるなんて、なんてむしが良く、しんどいことかと感じてますが、頑張っていこうと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



私がAREに決めた一番の理由は、HPが受講希望者に対して挑戦的だったからです。他人(生徒)に厳しい塾は、自分(講師)にも厳しいのだろうなと思いました。厳しいがどうかはともかく、優れた先生方だと今も思います。(講師の能力を棚にあげて生徒の英語力が伸びないのは自分のせいだとひたすら言われるのかとの危惧もありましたが^^;)
あと、「英会話」系でなく、英文法や読解に取り組めることも選んだ理由のひとつです。TOEICを目標にして英語力の伸長を確かめられることも大事だと思いました。
来年に米国長期出張を目指して英語を勉強しています。時折(今の状態で米国に放り込まれて仕事ができるのかって想像して)恐怖におびえつつ(大げさかな)、やる気に変えて勉強しています。


僕がAREに入ろうと決めた一番の要因は、まじめな学校だと思ったからです。 中学、高校、大学と、ずっと英語が嫌いで勉強せず、大卒にも関わらずめちゃめちゃな 英語力で、仕事で英語が必要になったからあわてて英会話で有名な○○○○に駆け込んだものの、 道の尋ね方やタクシーの乗り方をマスターしただけで終わりました。時間をかけて、一から 出直そうと思い、 入学した次第です。まじめな気持ちで考えていたので、 まじめな学校に決めたという ことですね。まぁ、その時の僕のまじめな気持ちはまだまだ中途半端な気持ちで、 AREに通うたびに叩きなおされてきたわけですが。。。


私の入校時のお電話のご記憶はないかと存じますが、私には痛烈な
記憶でございます。
入校する際、一度目のカウンセリングでは、入校しなかったため、二度目のお電話をした際に 「カウンセリングは2度はやりません。他校にいってください。」
一念の思いでAREの門をたたこうときめた私としては、食い下がると「〜〜〜〜〜振り込めば 入校できます」と、まるで振り込め詐欺かと思ったくらいです。(笑)
授業そのものは私ごときでも、その質の高さは感じております。
(○○38歳)


TOEFL・TOEIC対策専門スクールAREのHOME ≫ 私がAREに入ることを決めた理由


TOEIC and TOEFL are the registered trademarks of Educational Testing Service (ETS).
Copyright 2008 All Round English Inc. All rights reserved.